成人式について紹介する

皆さんは成人式について知っていいるのか?日本人なら誰も成人式を知っているが、ベトナム人にとってこの式についてあまり知らないので、今成人式を紹介したいと思う。日本語を勉強するので、成人式についてインターネットで調べたことがある。

まず、成人式は日本人の大切な式であり、大人になる人の式だといわれている。日本人の皆さんは二十歳になったら、成人式に参加できる。成人の日は、新成人達が両親や周りの大人達に保護されてきた子供時代を終え、自立し、大人の社会へ仲間入りすることを自覚するための儀式(成人式)を行う日である。一人前の男・女になったことを社会的に公認するための儀礼である。民族や社会によって種々の慣習がある。日本でかつて広く行われた男子の「元服」「褌祝い」、女子の「裳着」「鉄漿つけ」などもそれ。未開社会では呪術信仰や宗教観念と結びついて、複雑な様相を示している。ふつう男・女別々に行われ、一度死んで再生する儀礼などがある。割礼や抜歯や入れ墨などが成年のしるしにされたり、若者入りとか若者宿で寝泊まりする場合も多い。女子は初潮をみると個人的に儀礼が行われる場合もある(女子は成女式とも)。

数年前まで、日本中、成人式では同じようなことが行われていた。1月15日に、各自治体で、20歳になった(その年度内に20歳になる人を含む)人たちを集め、「大人になり、責任ある立場になったのだからがんばりましょう」という内容のスピーチなどを盛り込んだ儀式が行われる。そのあと、同窓会になったりすることが多いようである。

しかし、最近その形式にも変化が現れてきているようである。例えば、まず成人の日が1月15日ではなくなる。8月に成人式を行う自治体(田舎に多い)もある(日本人の友達はよく一月成人式に参加するがころ場合もある)。

成人式に何をするのか?皆さんはきれいな服を着、(女の人は振袖を着、男の人はスーツなどを着る)。書いたことのように、まず皆さんはある「成人式」のスピーチを聞く。それから皆さんは色々な活動をしたり、色々な話をしたり、一緒に料理を食べたりする。

私も成人式参加したい。しかし、今21歳になってしまったが日本へ行く機会がないので、非常に残念である。成人式は日本のきれいな文化なので、私のような日本文化が好きな人にとって、成人式について調べるのはいいと思う。

 

伏見稲荷大社 きものレンタル

解剖檯評分85-《愛的成人式》 - 中時電子報